製品情報

自動試料燃焼装置/マクロシステム AQF-2100M

¥8,000,000~

ポリマーなどの有機物を燃焼し、燃焼ガス中のハロゲン、硫黄を吸収液に回収する前処理装置です。燃焼センサーを用いて燃焼状態を監視しながら試料の分解を行うため、多量不完全燃焼状態などの異常燃焼を防止できます。また、燃焼条件を容易に決定できます。不均一な廃棄物や微量成分の分析など、多量の試料採取が必要な場合に有効です。
・対象試料:ポリマー、廃棄物、合成試薬、電子材料等
・加熱分解方式:迅速温度可変炉による分解温度制御
・試料量:最大 1 g
・電気炉温度:最高 1100 ℃

日東精工アナリテック㈱この会社の他の製品も見る

営業品目

水分測定装置,水分気化装置,微量全窒素分析装置,全有機ハロゲン分析装置, 塩素・硫黄分析装置