製品情報

自動試料燃焼装置・高温炉 AQF-2100S

¥7,100,000~

スラグ、セメント、ガラス、鉱石試料を高温加熱し、燃焼・酸化ガス中のハロゲン、硫黄を吸収液に回収する前処理装置です。電気炉には最高1450 ℃を可能とするシリコニット発熱体を採用し、独自の回転機構で容易に発熱体を交換できます。   
・対象試料 :無機試料(セラミックス、ガラス、鉱石、スラグ、セメント)   
・電気炉温度:最高 1450 ℃(常用1350 ℃)   
・試料量  :1~150 mg   
・燃焼管  :ムライト管   
・外形寸法 :約420(W)×420(D)×530(H) mm   
・電源   :AC 200~240 V  1000 VA

日東精工アナリテック㈱この会社の他の製品も見る

営業品目

水分測定装置,水分気化装置,微量全窒素分析装置,全有機ハロゲン分析装置, 塩素・硫黄分析装置