製品情報

SciAps社 ハンドヘルド型元素分析計 Zシリーズ

¥6,500,000~

SciAps社は、ハンディ型の元素分析計として2タイプの分析計をラインアップしています。ハンディ型の蛍光X線分析計で培われた技術をベースに、測定が困難な元素の測定に対応可能なLIBSが開発されました。LIBSは、スパーク放電発光分光方式に近い光学発光技術で、電気スパークにかわりプラズマを発生させるレーザーが使用されます。金属分析で高い分析精度を得る事が難しいとされる炭素C測定の要望にも、ハンドヘルド型LIBS分析計で場所を選ばず迅速分析が可能です。
ハンドヘルド型 LIBS 分析計
独自のアルゴンパージ機構により、測定感度を大幅に向上させた事で環境に影響を受けにくい測定を実現しました。また、より強力なレーザー技術によって、Zシリーズでは各種合金分析に対応し、表面の汚れはクリーニングレーザー照射で取り除くプレバーンによるサンプル表面の汚れを除去機能が解決します。測定部位は狭小部の多点分析(6箇所)を行い分析値の平均化測定に対応。1ポイント約50μmのスポットを照射可能で低合金鋼中の炭素C、ステンレス鋼中の炭素Cの分析が現場で可能となります。
テクノロジー:レーザー誘起ブレークダウン分光
レーザー規格:IEC60825-1に基づいたClass 3B に準拠
分析元素:H(水素)~U(ウラン) ※一部条件付き
ガスパージ:有(超小型アルゴンガス)
カメラ機能:有(カメラ機能標準装備)
通信:有(USB/Wi-Fi接続)
モニタ:4.3インチ 高解像度タッチパネルディスプレイ
OS:Google Android OS
【製品モデル一覧】
HH-LIBS Z-200C+ (炭素C測定仕様モデル)
スペクトロメータ:190nm-620nm
測定時間:9~12秒の複数回測定
重量:約2.3 kg
HH-LIBS Z-300
スペクトロメータ:190nm-950nm
測定時間:3秒~(結果表示は1秒~)
重量:約2.3kg

株式会社ニレコこの会社の他の製品も見る

営業品目

近赤外分光光度計