製品情報

燃料希釈率測定器(Spectro社 FDM6000シリーズ)

御問合せ下さい。

FDM 6000シリーズはエンジンオイル内に混入した燃料を測定する ポータブル型燃料希釈測定器です。 測定に必要なサンプル量は0.5ml、 測定後の後処理に溶剤不要です。 測定時間は僅か1分で%表示による燃料希釈率測定結果を提供します。 特に非常用発電機エンジンや自動車・バス・トラックのエンジンにおいて もしオイルに燃料が混入しその状態をチェックせずに放置していたら、 エンジンへ深刻なダメージを引き起こします。 特にディーゼルエンジンのクランクケース内への燃料混入の発生は 以下の原因が挙げられます。 ■長時間のアイドリング ■インジェクターの不良 ■シールの不良によるリーク システムの異常を早期発見する手段として燃料希釈率測定器は 分析ラボのみでなく、現場でも測定可能なポータブルタイプとなっています。 国際規格:ASTM D8004 測定可能範囲: 0.2 -15% オイル中に含まれる燃料分(燃料希釈率) ガソリン燃料・ディーゼル燃料 電源:AC 110/240 V, 50/60 Hz, 9 Watts, 9 Volts 機器寸法:150W x 13.5H x 19.8Dmm、 重量:1.4Kg

(株)エスティーエムこの会社の他の製品も見る

営業品目

理化学機器,計測機器,分析機器,粘度関連機器,石油試験器,粘度標準液,試薬