製品情報

テンパックスガラス板

サイズ・枚数により異なります。お問い合わせ下さい。

ドイツ・ショット社製のホウケイ酸ガラス板です。
一般的なソーダガラスに比べ熱膨張率が小さくあらゆる分野で耐熱性を発揮致します。
製造中止となったパイレックス板の相当品として広く流通しています。
厚み20mm以下の物はフロート製法により平坦な表面に仕上げられた板(14種類の厚み)を規格品としてご用意しております。
ロール板と呼ばれる厚み28.6~57.2mmまでの物も数種類ありますので研磨の必要はありますが、20mm以上の厚みのガラス板の供給も可能です。
■耐熱温度
常用使用:450℃(10時間以上)
最高使用:500℃(10時間未満)
■耐熱衝撃温度
175℃(板厚3.8t) 125℃(板厚15t)

◆テンパックス強化板
テンパックスに強化処理を施すことにより未強化品に比べ耐圧強度、衝撃性が2倍程度高くなります。(但し、耐熱温度は低くなります)

富士理化工業(株)この会社の他の製品も見る

営業品目

理化学硝子、理化学機器、容器等の販売